ぞう・はうす

ロンドン通信
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ロンドン通信

  ロンドン通信

  武藤 純子 JUNKO MUTO
 セインズベリ-日本芸術研究所 研究員 2001.10~2002.9
junko
   
所属 SOAS:アジア、アフリカ研究学院 研究学院アドレスThornhaugh Street Russell Square London WC1H OXGWebsite:www.sainsbury-institute.orgwww.soas.ac.uk
10月24日 渡英
10月30日 ドナルド キーン教授の講演を聴講
11月3日  ロンドン大学SOAS読書週間
11月10日 レンブラントの女性たち展へ
11月12日 ブルネイギャラリー日本庭園オープニング  
11 初期浮世絵展
11月24日 ウエストハムステッドと漱石
12月1日 新宮誕生とクリスマス
12月7日  大英図書館とアフター5
12月31日から1月1日 ニューイャーズパーティー
1月8日 ロンドンの朝
1月11日 個の尊重
1月20日 心の栄養 1月22日 「ハリー・ポッター
2月3日 初期浮世絵シンポジウム速報
2月4日 初期浮世絵シンポジウム回想
2月7日 日本文化の夕べ
2月13日 建築家川上喜三郎氏の講演会
2月17日 「浮世の夜明け」展終了
2月24日 早春便り
3月3日 お知らせ
3月10日 拙稿「初期鳥居派と元禄歌舞伎」
3月28日 フィッツウィリアム博物館
4月5日 春の一日 4月17日~19日 ワークショップ
5月1日 大英博物館でのカタログ調査
5月8日 セミナーと夏目漱石
5月15日 「バッカス」観劇
5月30日 ウインザー城訪問
6月3日 エリザベス女王陛下在位50年
6月10日 フジコ・ヘミング
6月16日 ロンドンお勧めスポット
6月20日 ノリッジ訪問
6月21日~28日 エーゲ海で日本美術と対面
7月9日~19日 ボストン美術館蔵浮世絵調査
8日1日 ロンドンの夏
8月10日~17日 スイス訪問
8月24日~26日 カーニバルと夏の終わり
9月4日~9日 オランダ調査旅行
9月15日~17日 リーズ訪問
bk_ttbtn_ext_0810月24日 渡英 24日の10時15分ごろに笑顔で知人に見送られ、通関を済ませ機上の人になった。 長時間のフライトの後、同じ日の夜には、研究室のパーティーに招待され、関係者に紹介してもらう。日付が変わる頃、ようやくお開き。
DSCF0098
bk_ttbtn_ext_0810月30日 ドナルド キーン教授の講演 今日10月30日はドナルドキーン先生の講演と、漢字、仮名に関する大英博物館所蔵品を拝聴、拝見して、有意義な一日となりました。 1時から2時 セインズベリー日本美術研究所主催 コロンビア大学名誉教授ドナルドキーン先生講演 「足利義政と東山文化」について 静かな口調で、時にはユーモアを加え、東山文化の特色について、建築、文化、絵画、調度品などの例をあげながら総括的に説明 2時30分から4時 大英博物館 Drカーペンターの日本美術授業 「絵画と文字」 平安時代から江戸時代作品にみられる、絵画に添えられた漢字、仮名に注目して、しばし日本文化の絵と文字の妙を堪能 。漢字と仮名に関する美術品の閲覧 経典、住吉派の色紙、狩野派の八景の散らし書き、版本などにみられる挿絵と漢字、仮名のコントラストを確認する。 八景の散らし書きは絶品。
  bk_ttbtn_ext_0811月5日 ロンドン大学SOAS読書週間  今週はリーデイングウイークで授業は休み。セインズべリー日本芸術研究所の皆さんも 出払っています。テイム、ジョン、ヒデアキ、シンシアは学会やら、仕事やら、旅行やらで日本へ、キースは恩師の還暦祝いでニューヨークへ。研究室は静かです。 このところ、ロンドンは寒くなりました。落葉樹の葉がハラハラと落ち、毎朝清掃車が路面の葉を取り除いています。8日の深夜には粉雪も降りました。
  bk_ttbtn_ext_0811月10日 レンブラントの女性たち展  ロイヤルアカデミーオブアート(ピカデリーサーカス駅下車)では、9月22日から12月16日まで レンブラントの女性たち展を開催。入場料8£。油絵の大作とエッチングの小品を展示 。油絵に描かれた貴婦人たちの衣装の布感、パールなどの貴金属の質感は、彼の絶対的な技術を伝えて感動的でした。でも、彼の優れた筆は、被写体の女性がいくら美しく着飾っていても、人生は決して幸せでないことまで描きだしていました。レンブラントは 光と影の絵師と聞いたことがあります。私には、人生の光と影を描きだす絵師に感じられました。
  bk_ttbtn_ext_0811月12日 日本庭園オープニング 正午より、ブルネイギャラリー一角に作られて日本庭園のオープニングセレモニーが開催されました。後援者であるハンダ氏の舞、謡、オペラの披露。小さな舞台の柿落としとなる。続いて「夢」を三種の筆で書き分ける書道のパフォーマンス。会場を移して和やかな立食パーテイ。
  bk_ttbtn_ext_0811月20日 初期浮世絵展 ロイヤルアカデミーオブアート(ピカデリーサーカス駅下車)では、2001年11月24日~2002年2月17日まで、ボストン美術館所蔵の初期浮世絵展が開催されます。テーマは「浮世の夜 明け」(The dawn of the floating world)です。それに先立って、11月20日レセプションがありました。私の研究テーマである初期浮世絵をロンドンの地で見る幸運に感謝しつつ、一点一点ゆっくり拝見しました。1650年から1765年までの肉筆画、版画の逸品 ばかりでした。今まで人の目に触れたことがないのでと思われるほどすばらしい状態の紅絵、漆絵作品にも出会えました。紅の本来の色をはじめて見ました。展示品のすばらしさは言うまでもありませんが、カタログも大変充実しています。とても丁寧に企画展示制作された展覧会です。 なお関連シンポジウムが2002年2月2日、3日にロンドン大学SOASで開催されます。
DSCF0010
 bk_ttbtn_ext_0811月24日ウエストハムステッドと漱石 渡英して1ヶ月が過ぎました。この1ヶ月はまずは体調を整えることが第一でした。時差ボケがおさまると、次はフラ ットの契約と銀行口座の開設。そして地下鉄、バスの乗り継 ぎを覚えて周辺地域の散策、美術館、図書館来訪と、少しず つ行動範囲をひろげました。フラットは地下鉄ジュビリーラインのウエストハムステット(West Hampstead)下車、徒歩10分。8畳くらいの部屋と キッチン、シャワー付きで、一ヶ月620ポンド。家具付きとはいうものの、決して安い家賃ではありません。大家さんは スザナというスロバキヤ人の女性。彼女は50£札で家賃を払うと、「アイ ラブ」といってひどくはしゃぎます。 ところでウエストハムステットは、夏目漱石が明治33年から2年間留学した際、住んだことのある地としても有名。『倫敦塔』を読むと、小説とはいうものの、何度も人に聞き ながら行き先まで辿りつく漱石の姿が、私と重なりあう。 そしてロンドン塔に行ってみると、『倫敦塔』のなかの言葉 が忘れられなくなりました。
およそ世の中で何が苦しいといって所在のないほどの苦しみはない。意識の内容に変化のないほどの苦しみはない。使える身体は目に見えぬ縄で縛られて動きのとれぬほどの苦しみはない。生きるというは活動しているという事であるに、生きながらこの活動を抑えらるるのは生という意味を奪われたると同じ事で、その奪われたを自覚するだけが死よりも一層の苦痛である。
DSCF0108
 bk_ttbtn_ext_0812月1日 新宮誕生とクリスマス  皇太子妃雅子さまの女子ご出産のニュースが、BBCでも報道されました。日本は祝賀ムード一色でしょうか。そういえば私がかつて雅子さまのご結婚話を耳にしたのは、シカゴ美術館のレストランでした。まだ正式な報道がされる前のことでしたが、隣のテ ーブルでその事情に詳しい方が話しているのを聞いてしまったのです。今回はロンドンで、雅子さまのうれしい話を知ることになりました。 ロンドンの街は今クリスマスムード一色です。暗くなるのが早いこちらでは、4時ともなると、電飾されたメインストリートのアーチが美しく浮き上がってきます。通りのブティックではクリスマス商戦たけなわ。50%OFFの文字があちらこちらに張られています。が、本格的なバーゲンはもちろんクリスマス明けからです。またホテルやアパー トの建物にも赤のリボンの電飾や、巨大なリースが取り付けられています。それらを毎晩眺めるのが、私の夜の散歩の楽しみです。
bk_ttbtn_ext_0812月7日 大英図書館とアフター5  このところ昼間は、大英図書館で歌舞伎関係の資料を閲覧しています。図書館の場所 は「ハリー・ポッター」でもお馴染みのキングス・クロス セント・パンクラス駅(徒歩約5分)の近く。以前尋ねた時と違うのは、入口での手荷物検査が厳重になったこと。米国で起きたテロ事件以来厳しくなったとのことです。日本の国会図書館に行くとひどく疲れてしまう私ですが、大英図書館ではあまり疲れを感じません。建物の構造の違いでしょうか、職員の方の対応の違いでしょうか、それとも顔馴染みとの交遊のお陰でしょうか。食事も楽しみの一つ。館内でのガラス張りの書庫を眺めながらの軽食、オープンテラスでのティータイム。また、顔馴染みの研究者お勧めの食堂の昼食。彼が席に着くと注文をする前に、サービスのカプチーノとサラダが出てきます。彼はおよそ8ヶ月大英図書館に通っていて、ほぼ毎日その食堂で食事をとっているということです。 5時になると、研究室に戻り仲間と合流。今週はストラビンスキーのオペラを見に行ったり、アラキノブヨシらの現代日本芸術展を見に行ったり、映画「ピアノ教師」を見に行ったりと、夜も楽しく過ごしました。
Dscf0054
bk_ttbtn_ext_0812月11日~27日 一時帰国 学位審査のために、一時帰国をしていました。学位論文の題名は「初期浮世絵と歌舞伎―歌舞伎興行からみた初期浮世絵の研究―」。審査は無事に終わりました。
bk_ttbtn_ext_08~1月1日ニューイヤーズパーティ   新春のお慶びを申しあげます 幸多き一年でありますように 今日正月元旦、真っ青な空です。こんな青空を見るのは渡英してはじめて のこと。4年在英の友人も、こんな元旦ははじめてだと言っていました。2002年もがんばろうという気持ちにさせてくれる、すがすがしい空です。 昨晩は6名の仲間がジョンの家に集まり、2002年の到来を共に祝いました。人生も研究も人との出会いが大切と思う今日このごろ。ミステリーと物語がよく似合うロンドンの地で、今年はどんな出会いがあるのでしょうか、そしてその出会いが人生の物語をどのように綴っていくのでしょうか、ウキウキ、ワクワクしています。
bk_ttbtn_ext_081月8日 ロンドンの朝 1月2日からほぼ普段の生活でしたが、クリスマスから12日目に当 る5日、クリスマス飾りを外すと、街の様子はすっかり日常になりました。寒さはまだまだ続くのでしょうが、それでも春が近づいているのを、夜が明けるのが日に日に早まっているのに気づいた時、感じました。 新年からは、少し気分を変えて、早朝、バスでオフィスに通っています。まだ暗いうちにアパートを出発。オックスフォード通りに着く8時頃、辺りが明るくなってきます 。そこでバスを降り、ラッセルスクエアーまで散歩。百貨店やブテイックのネオンがまだ輝くなか、勤め先に足早に急ぐサラリーマン、地下鉄の入り口で無料雑誌を配る若い女性、道路やビルの清掃をする作業員、カフェで簡単な朝食をとる青年。ロンドンの日常も、私の目には新鮮に映ります。 寒さも心地よく感じるようになってきました。
bk_ttbtn_ext_08 1月11日 個の尊重  この地で暮らしはじめて、改めて感じることは「個の尊重」です。人々はお互いに尊重しあい、認め合い、助け合い、しかし人は連なることをしない。田舎の旧家に 育った私は、「家」や「家父長制」を厭いながらも、実は縛られていたところがありました。家の問題だけでなく、縦に連なることが多いあらゆる日本の社会構造のなかで、 少し疲れていたところもありました。しかし一面、連なることで自分を甘やかせていた 、あるいは曖昧にしていたともいえるでしょう。ロンドンの仲間と更にいい関係を保つためにも、この「曖昧さ」は禁物です。 一昨日、原文一致と日本のセクシュアリテイについて研究している友人に誘われて、『同性愛者の法的保護』の出版レセプションに参加しました。イギリスの上院、下院の議員も出席していました。
  bk_ttbtn_ext_081月20日 心の栄養 ロンドンには数多くの美術館、博物館、そして劇場、オペラハウス、小ホールがあります。美術館、博物館は入場無料が一般的。以前は入場料をとっていた、ビクトリア・ アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)、自然史博物館(Natural History Museum)なども現在は無料で、街には「The best things in London are free 」のポスターが貼られています。とはいうものの、どの美術館にも募金箱が備えられて いて、人々の善意と協力を呼びかけています。また、コンサート、オペラ、ミュージカル、バレエ、映画も、日本の料金と比べると格安です。 この週末、昼間はナショナル・ギャラリー(Nationl Gallery)をゆっくり見て回りました。フロアは4つに分かれ、セインズベリー館には1250~1510年、西翼ギャラリー には1510~1600年、北翼ギャラリーには1600から1700年、東翼ギャラリーには1700から1900年までの、国家が収集した西欧絵画が展示されています。その日は馴染みの薄い北翼ギャラーを中心に見たのですが、その中で、サッソフェラートの「祈る聖母」が心に 残りました。夜は、「アリアとアンサンブルの集い」を聞きに、ウエストミンスター近くのホール(St.John’s,Smith Square)に出かけました。そこで聞いたダイアナ・湯川(16歳)のバイオリンの音もまた忘れられません。彼女は1985年に起きた日航機墜落事故犠牲者の娘さん。それを知って聞いていたせいもあるのでしょうが、心に染み入りました。
bk_ttbtn_ext_081月22日 「ハリー・ポッター」  「ハリー・ポッター」は、スコットランドに住むシングルマザーが、暖房費を節約するためにコーヒーショップで書いた20世紀最高のベストセラーだそうです。日本でもベストセラーとなり、国内映画ランキングもずっと第1位。月曜日、やっと「ハリー・ポ ーターと賢者の石」を見に行ってきました。月曜日は5£(約1000円)で見られるからです。キングス・クロス駅の架空の93/4ホームから、魔法使いになるために汽車に乗り込むハリー。主役のダニエル・ラドクリフ君をはじめ、三人組はなかなか芸達者な子役でした。そしてコンピュータグラフィックスを使いつつも、変に派手なところがないところも好感がもてました。でも、原作が織り成す世界観まで達していたかというと疑問です。友人たちの評価も分かれました。概して、ロンドンっ子の評判はあまりよくありませんでした。すでに話題は「指輪物語」に移っていて、長蛇の列が週末できています。日本の友人も「20年ぶりに指輪物語を読んでみようかしら」といっていました。
bk_ttbtn_ext_082月3日初期浮世絵シンポジウム速報 ただ今、昨日から始まったシンポジウムが終了。予想していた以上に、とても充実した内容で、研究方法、学会のあり方など多くの刺激を受けました。私の発表も 本日午前中なんとか終わりました。親友のジョンから、「Congratulations!」と言われ 、思わず抱きついてしまいました。というのも、このところトラブル続きで、うまく発表できるかどうかわからなかったからです。英語力の不足、加えて、会場の変更による パワーポイントの使用不可。そのことが昨日わかって、急遽スライドでの発表に差しかえ。いろいろ気を揉んだこの1週間でしたが、無事終了しました。これから打ち上げに出かけるので、また後日報告します。
bk_ttbtn_ext_082月4日初期浮世絵シンポジウム回想 2002年2月2日。遠い先のことと思っていたこの日は、すでに過去のものとなりました。多くの学際的刺激を受けたことによって、今後の研究方向も少し見えてきたように思いますし、自分の研究意義も確認できたように思います。きっと次の目標への掛け橋となるでしょう。しかしなんといっても一番の収穫は、この会の運営に深くかかわった友人たちとの親交です。私の財産です。 なお、各研究者の発表要旨(英文)は、初期浮世絵国際シンポジウムのプログラムに掲載しましたので、ご興味のある方は題目をクリックして下さい。発表で特に興味深かったのは、狩野博幸先生の「誰が遊女なのか? ―藤本箕山著『色道大鏡』に導かれて―」でした。官許以外の遊女、つまり私娼の存在に注目し、その姿が多く描かれていることを指摘。近世初期風俗画の見方がだいぶ変わりました。
  bk_ttbtn_ext_082月7日 日本文化の夕べ 「日本文化の夕べ」と題された夕食会に招待されました。場所はROYAL ACADEMY OF ARTS.今まで何度も訪れていますが、今夜は少しおしゃれをして行きました。招待状の脇に、ラウンジスーツ着用と書かれていたからです。まずは3階の初期浮世絵を招待客だけでゆっくりながめ、時間になって1階に移動。この美術館は、17世紀、初代バーリントン伯爵の屋敷だったそうで、パラディオ様式の優雅な建物です。一階のステキな部屋で大英美術館のクラークさんの講演を拝聴。続いて夕食会となりました。その折、先日のシンポジウムでの発表が話題になり、新たな人たちとの親交も深まりました。発表してよかったと思う瞬間でしたが、発表前は日本語でするか、英語でするかも悩んでいました。日本人のある人には英語でした方がいいといわれ、アメリカ人のある人には日本語でした方がいいといわれたからです。後者は、下手な英語は発表する者にとっても、 それを聴く者にとっても共にストレスだということです。日本から来た知人には、発表後「英語を話すムトウ君は実にかわいい」と散々冷やかされました。が、何はともあれ浮世絵を通じて、今私は新たな親交を深めています。
  bk_ttbtn_ext_082月13日 建築家川上喜三郎氏の講演会 先日のパーテイで隣席した大和日英基金のマリーさんに誘われて、川上喜三郎氏の講演会に行ってきました。氏は東京オペラハウスや都美術館を設計した方で、最近は細い直線や曲線を巧みに浮き上がらせた紙の彫刻家としても注目されています。まず、氏はスライドでイギリスや日本の素晴らしい自然の光景を何枚も映しました。何を伝えたいのだろうと思って見ていると、それは光と影、水平線と垂直線といった作品に取り入れ られたモチーフを説明するための導入でした。自然から得たインスピレーションを確認したあと、作品を眺めると、彼が人間と自然の融合を目指していることが明確に見えてきます。さすが建築家、講演の内容も巧みで、しかも美しく構成されていました。  講演会終了後、今日の感想を氏に伝えていると、傍から私の紹介をしてくださる方がいました。やはり先日のパーテイでご一緒だった方で、ここでも浮世絵に助けられた思いがしました。
  bk_ttbtn_ext_08 2月17日 「浮世の夜明け」展終了 昨年の11月24日から開催されていた「The dawn of the floating world」と題された初期浮世絵展が、本日6時で終了しました。もうすでに10回くらい友人、知人を案内して見に来ていますが、今日は一人で出かけました。ボストン美術館所蔵の鳥居清信や奥村政信など約140点に、「ありがとう」「さよなら」と心の中で声をかけるとともに、ボストンでの再会を約束しました。10月24日の渡英以来およそ4ヶ月、私はこの初期浮世絵展およびシンポジウムを念頭において過ごし、またそれに助けてもらって過ごしてきました。この時期にセインズベリーの研究員になれた幸運に、今改めて感謝しています。
bk_ttbtn_ext_082月24日 早春便り  渡英して早4ヶ月が過ぎました。晩秋から冬の季節を過ごし、今早春を迎えています。夜明けの時間もだいぶ早くなりました。古い暦で2月を「光の季節」というと聞いたことがありますが、まさにその言葉通りです。気温はまだ低いものの、街のあちらこちらでは梅、木瓜、連翹の木々がピンク、赤、黄色の花を満開にし、中庭では水仙、クロッカスが可愛い花を咲かせています。本格的な春の到来も間じかでしょう。一抹の不安はこのごろクシャミがでることです。花粉症の私は、これから何度も「Bless you!」の言葉をかけられるのでしょうか。
  bk_ttbtn_ext_083月3日 お知らせ このたびウエスト・ハムステッド(West Hampstead)のフラットを引っ越すことにしました。次の住居は、セントラルラインのノッティンヒル・ゲート(Notting Hill Gate)駅近くです。傍に骨董品店通りがあるとてもステキなところです。24日に入居します。どうぞお遊びにいらしてください。 その間、学位の授与式と、論文の資料収集のため一時帰国します。3月10日(日) はイギリスの「母の日」。5月には帰れないでしょうから、私も母にスズランの花でもプレゼントしてきます。
  bk_ttbtn_ext_083月10日拙稿「初期鳥居派元禄歌舞伎」 『太田記念美術館 論集1』に、「初期鳥居派と元禄歌舞伎―元禄期から正徳期を中心にして―」を発表しました。過去に提出した研究助成論文ですが、成果をお認めいただき、栄えある論集の創刊号に掲載されました。
  bk_ttbtn_ext_083月28日 フィッツウィリアム博物館 ケンブリッジ(Cambridge)を訪れました。キングス・クロス駅から鉄道で約1時間 。今日は快晴に恵まれ、とても気持ちのいい小旅行となりました。ケンブリッジの地名は「ケム川に架かる橋」という意味。そのケンブリッジはオックスフォードとともに、イギリスの最も有名な学園都市です。キングス・カレッジは15世紀ヘンリー6世の創設、トリニテイ・カレッジは16世紀ヘンリー8世の創設と、その伝統に改めて驚かされます。映画や雑誌で見たことがある、あの有名な由緒ある各カレッジは、川と通りの間に威厳をもって建っていました。
DSCF0053a
今日の目的の一つは、フィッツウィルアム博物館(The Fitzwilliam Museum)での調査。春の花が咲き乱れる中庭を見渡しながら拝見する浮世絵は、今までの調査では体験したことのない、心和むものでした。夕方、ケム川のバント乗船場近くで、川風に吹かれながら飲んだビールの味も最高でした。いよいよいい季節になってきたようです。
Dscf0028
bk_ttbtn_ext_084月5日 春の一日  3月31日からサマータイムとなりました。時計を一時間進めたため、夜が明けるのがずっと早くなったような気がします。新しい住居もなかなか快適です。朝、太陽の光と 小鳥の囀りで目が覚めます。朝食後の中庭での読書も気分爽快。暗く寒い冬の後だけに 、春のこの穏やかな日差しがこの上なく贅沢に感じられます。 今日5日は、先月30日に101歳で亡くなったエリザベス皇太后葬送行進の日。多くの市民が「英国の母」に別れを告げる様子が、テレビで放映されていました。
DSCF0066
bk_ttbtn_ext_084月17日~19日  ワークショップ 「文学とパフォーマンス」と題されたワークショップが、SOASで開催されました 。発表者は12名で、各自30~40分の発表のあと、コメンテイターとの討論が続きました。テーマはギリシャ、フランス、インド、中国、日本など世界各地のさまざまな文学とパフォーマンスについてです。これだけ広範囲なテーマを扱っていながら、散漫な雰囲気にならないのは、発表者自身の実力のほかに、十分な討論がその後続いたからでしょう。途中のコーヒーブレイク、昼食会、夕食会でも続きました。今回の渡英で、私の口頭発表に関する考え方は少し変わりました。参加者との情報交換ができるようなテーマ設定、発表スタイルを考慮するのも、口頭発表の大切な一面ではないでしょうか。 bk_ttbtn_ext_085月1日 大英博物館でのカタログ調査 SOASの授業はほぼ終了し、学生たちはテストやレポートの準備に忙しそうです。SOAS 図書館も混雑しています。また、4月下旬は雨の日が多く、気温も冬に戻ったかのような寒さが続いていましたので、すぐ傍にある大英博物館も、観光客で混雑していました。 私はこのところ一日数時間、大英博物館のボランティアとして、大量に所蔵されているアメリカ、ヨーロッパ各地のオークションカタログの調査をしています。カタログでしか図柄を知ることができないものが多くあるので、こうした作業は欠かすことができません。特に古い図版は貴重です。一枚一枚カードに情報をとり、デジカメで撮影して、考証した内容をデーターベースに格納しています。データが増えれば増えるほど、点であった情報が線になり、初期浮世絵の流れがみえてきます。しばらくの間、この地味な作業を続ける予定です。
DSCF0078_0707 DSCF0016
bk_ttbtn_ext_085月8日 セミナーと夏目漱石  夕方、ジャパンリサーチセンターのセミナーに出席するため、近くの通りを歩いていると、どこかでお目にかかった日本人男性とすれ違い、とっさに私は「こんにちは!NHKの英会話拝見しました」と声をかけてしまいました。その男性はテレビの英会話を担当していた小林先生で、後でわかったことなのですが、今日のセミナーの講師でした 。テーマは「夏目漱石と英国文学」。とても美しくわかりやすい英語で、講演をしてくださいました。 漱石は、間接的ながら私の人生に関わりがあります。大学2年でとった初めての演習は漱石の『こころ』だったのですが、成績はなんと「C」でした。あまりのショックに私は近代文学を諦め、近世文学で活路を見出すことに決めました。今の研究に辿りついたのは、漱石のお陰ともいえるでしょう。ウエスト・ハムステットのフラットを借りた時も、そこが漱石の2番目の下宿に近いことを思い、ロンドン塔へ行った時も、『倫敦塔』の一文を思い出し、去る1月30日―その日は日英同盟が調印されて100年目の記念日だったのですが―孫の夏目房之介氏の「満画」の講演を、苦労しただろう漱石のロンドン生活と重ね合わせて拝聴しました。今でも漱石作品を読むのが好きな私です。近いうちに、漱石記念館にも足を運んでみます。
bk_ttbtn_ext_085月15日 「バッカス」観劇 ギリシャ神話の酒の神「バッカス(Bacchai)」(別名ディオニュソス)を素材にした芝居をナショナル・シアターで見ました。古代ギリシャの三大悲劇詩人の一人ユウリピデスが、神話に人間的な解釈を加えて書いた原作を、現代の演出家ピーター・ホール(Peter Hall)が今から20年前に脚色し、拍手喝采を受けた作品です。古代の円形劇場を模した舞台、現代風にアレンジされた仮面、一人の役者が仮面を変えて三役を演じる巧みさと身体の美しさ、コロス(Choros)の力強い声としなやかな動き。約2時間の舞台は、人間のさまざまな思いが凝縮された表現の連続でした。この作品はこれで2回目ですが、今日は千秋楽だったので、役者のテンションの高さを感じ、より深い感動がありました。
  bk_ttbtn_ext_085月30日 ウインザー城訪問 相変わらず雨降りの多いロンドンですが、日照時間はどんどんと伸び、晴れの日は夜 9時頃まで太陽が照っています。 小旅行に相応しいこの時期、エリザベス2世女王陛下お気に入りの城といわれる、ウインザー城(Windsor Castle)と、テムズ川を挟んだ対岸のイートン校(Eton College )を訪問しました。ロンドンウォータールー駅(Waterloo)から列車で約1時間の距離です。この城は、英国君主が900年間常に使用し続けた最古のものだそうです。女王陛下はこの日滞在中だったようで、城の象徴であるラウンドタワーにそれを示すロイヤル・スタンダード旗が立っていました。午後イートン校内を回ると、フィールドゲームを楽しむハリー王子を偶然見かけました。ロイヤル・タウンを実感する一日となりました
Dscf0023
左:ウィンザー城 右:イートン校 Dscf0033
bk_ttbtn_ext_086月3日エリザベス女王陛下在位50年  女王陛下の在位50年を祝うさまざまな祭典が開催されています。またロンドン名物の赤い二階建てバスに混じって、在位50年(The Queen’s Golden Jubilee)を祝う金色車両も走っています。土日を含め4連休となったため、街は多くの人々で混在しています 。住居の近くの骨董市も、大変な混雑となりました。
Dscf0048 DSCF0053
bk_ttbtn_ext_086月10日 フジコ・ヘミング  数年前の深夜のNHKドキュメント番組で、フジコ・ヘミング(Fujiko Hemming)の存在を知り、ファンとなりました。なかなか日本ではチケットが買えませんでしたが、 今回ヨーロッパ縦断コンサート中のロンドン(会場St.Johm’s,Smith Square)で、夢が叶いました。情感豊かに奏でるリストやショパンの曲をライブで聴くことができ、大満足の一日。ウエウストミンスター寺院を見上げながら駅に向かう帰り道も、ずっとリストの「ラ・カンパネラ(La Campanella)」が心の中で鳴り響いていました。
Dscf0002 Dscf0001 Dscf0381
bk_ttbtn_ext_086月16日 ロンドンお勧めスポット このところ天候もほぼ安定し、加えて日照時間も夜10時近くまで伸び、ロンドンの初夏をより楽しく過ごしています。この週末は、オペラ、バレー、クラシック音楽、美術館、そして食べ歩きと忙しい毎日でした。ナショナルオペラ「コッシ・ファン・テュッテ(Cosifan tutte)」はお気に入りの劇場ロンドン・コロシアム。モーツアルトの歌曲を十分楽しむことができました。ナショナルバレー「白鳥の湖」は、8000人収容のロイヤル・アルバート・ホール。音に少々不満が残りましたが、円形ホールを生かしたダイナミックで珍しい演出の白鳥を見ることができました。ここは夏目漱石も一度足を運んだという1871年完成のホールです。クラシックコンサートはウィグモアー・ホール(Wigmore hall)。毎週日曜日の午前11時半からおよそ一時間開催されているミニコンサ ートで、確かな技術の演奏者が毎週登場します。この日はフランス人のカルテットによるベートーベンとモーツアルトの弦楽四重奏曲。 美術館めぐりはコートールド美術館( Courtauld Gallery)。小規模な美術館ですが、フランス印象派のコレクションは必見です。 私のお勧めは、ウィグモアー・ホールのサンデーモーニングコンサートと、コートールド美術館です。ゆったりした気分で至福の時を過ごすことができます。
bk_ttbtn_ext_086月20日 ノリッジ訪問  リーズ大学のティニオス先生の講演「19世紀の京都の絵本」を拝聴するために、ノリッジ(Norwich)を訪れました。ノリッジは、セインズベリー日本芸術研究所の本部があるところで、ロンドン、リバプール駅より列車で約2時間の地です。イギリス最大の地方都市であり、かつ最も美しい街の一つです。街には教会とパブが多くあります。360以上もあるパブの中では、1249年開店の「アダム&イヴ」、100以上ある古い教会の中では、鋭角の独特な塔をもった壮麗な大聖堂が、この街の象徴といえるでしょう。1096年に創設された最初からの建て物と、後の世紀の建物が不思議な調和をみせています。
Dscf0021
Dscf0015
bk_ttbtn_ext_086月21日~28日 エーゲ海で日本美術と対面 ギリシャのコーフー島(Corfu)にあるアジア美術館に、セインズベリー日本芸術研究所の皆さんとともに、調査に行って来ました。美術館には絵画、版画、陶器、漆器など多くのものが所蔵されています。私は浮世絵の担当でしたが、そこで初期浮世絵の初見の役者絵に出会うことができました。中でも一番興味深かったのは、奥村政信が描いた歌舞伎役者「津川かもん」の図です。政信の作画を明確にする貴重な資料となります 。 午後は、ロンドンで不足していた日光浴。そして一日の終わりは、9時から深夜までかけての長い夕食。ロンドンではあまり味わえない美味しい海の幸、果物、野菜、そして地ワインのレツィーナを毎晩みなさんと楽しみました。
Dscf0076
The Museum of Asian Art (the only one in Greece)
Dscf0012 Dscf0078
bk_ttbtn_ext_087月9日~19日 ボストン美術館蔵浮世絵調査 アメリカ、ボストン美術館(Museum of Fine Arts,Boston)へ初期浮世絵の調査に行ってきました。世界で最も高く評価されているスポルディング(Spaulding)コレクションをはじめ、ビゲロー、ロスコレクションなど1000点を超える版画を拝見しました。その中でも私の一番の興味は、やはり鳥居派、奥村派の役者絵です。鳥居清重、奥村利信の初見の役者絵には感激しました。これらのデータを整理することによって、初期役者絵の競作の状況がかなり明確にみえてくるのではないかと思います。 ボストンは古さと新しさがうまく調和した美しい街です。毎日、うっそうと木立が茂るハーバード大学のキャンパスを横切り、チンチン電車のようなかわいい地下鉄に乗って、美術館へ通いましたが、調査のほかに、今秋予定されている初期浮世絵展へのアドバイス、浮世絵版画の修復についての意見交換など、美術館の方々との情報交換、協力も今回の重要な仕事の一つでした。
Dscf0006
ボストン美術館
Dscf0034 DSCF00121
街のビル 大学キャンパス
bk_ttbtn_ext_088日1日 ロンドンの夏  暑中お見舞い申しあげます 季節は8月。大学内は卒業式、学位式を終え静まり返っています。一方、街は各国の観光客で賑わっています。通りや地下鉄で日本語を耳にすることも多くなりました。 日本は猛暑の毎日と聞き及んでいますが、こちらは7月末に、とても蒸し暑い日が数日あっただけで、それ以降はまた昼も夜も過ごしやすい日々です。このところ昼間は、ボストン美術館で調査した浮世絵の年代考証に励んでいます。夜は、住居のガーデンパーティ、大英博物館の野外コンサート、ホーランド・パーク(Holland Park)の野外オペラなどなど、日本ではあまり体験したことのない野外の楽しみを満喫しています。
DSCF0828-4
bk_ttbtn_ext_088月10日~13日 スイス訪問 スイスのゲスタルツュング(Gestaltung)美術館、リートベルグ(Rietberg)美術館へ行ってきました。これは「国貞の摺り物」調査のプロジェクトに参加させていただいたものです。また帰国後、関連行事としてノリッジのセインズベリー日本芸術研究所で、「歌舞伎と役者絵」の講演会(15日)、「国貞の摺り物」の研究会(16日)が開催されました。日本からいらした岩田先生を囲み、多くの日本文学、日本美術研究者の意見交換の場となりました。
  bk_ttbtn_ext_088月24日~26日 カーニバルと夏の終わり  この3日間、住居周辺の道路で、「ノッティンヒル・カーニバル」と呼ばれるお祭りが開催されました。サンバのリズムにあわせてのストリートパーテイです。 ヨーロッパ最大のパレードとのことで、周辺地域から多勢の人が集まってきました。私も出かけてみましたが、あまりの人の多さに身動きもできないほど。その人の流れをうまく誘導しのは、警察官というよりも、彼らが乗っている馬たちでした。警察官の言葉には耳をかさない若者たちも、馬には逆らえず、その誘導に従っていました。 カーニバルが終わると、ロンドンの夏もそろそろおしまい。大学も新学期の準備期間です。研究室の親しい同僚も今日、アメリカに向けて出国しました。私のロンドン滞在もあと3週間ほどとなりました。
DSCF0828-3 DSCF0828-2
bk_ttbtn_ext_089月4日~9日 オランダ調査旅行  アムステルダム国立博物館、ライデン国立民俗学博物館へ調査に行ってきました。ロンドンから飛行機でたった1時間、水車と運河の町に到着。隣町へちょっと出かける気楽さです。専門とする初期浮世絵のほかに、写楽の浮世絵も直接手にとって拝見することができました。誰にでも研究する機会を平等に与えてくれる、こちらのシステムにはとても感激です。 SOASの新学期ももうすぐ開始。研究室には新しい研究員が一人、二人と到着しています。彼らと入れ替えに私の任期も終了。今月20日に帰国します。
Dscf0009 Dscf0022
bk_ttbtn_ext_089月15日~17日 リーズ訪問 イギリス滞在中最後の、そして一番楽しい小旅行はリーズ(Leeds)訪問となりました。キングス・クロス駅より北部へ列車で2時間、イギリス中流の産業都市に到着。こちらへ来て知り合ったリーズ大学の先生宅を訪問したのですが、彼とその友人に心のこもった歓待をしてもらいました。彼らとの友情と美しい郊外の景色を心に、もうすぐ帰国します。
Dscf0084