ぞう・はうす

随筆 象の貢の物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

随筆 象の貢の物語



『象引』に引かれて

 もう、ずいぶん前のことだが、卒業論文で『象引』という歌舞伎狂言について考察したことがあった。これは立役者と敵役者とが象の前足と後足を持ち、左右に「エイヤ、エイヤ」と引き合う趣向である。1982年に久々に国立劇場で上演されたが、それまでは見たことがない謎の狂言であった。私は勝手に『象引』ができた背景には日本への象の渡来が密接に関わっていると堅く信じ、疑わなかった。そのために何ケ月もそのことばかり調べていた。結果は空振り。両者にはほとんど繋がりがなかった。
 こうして、当初論文の資料にと集めた象に関する文献は、その後もほとんど利用することもなく、今日に至っている。だが、ことはそれで終りにならなかった。私の興味は、動物の象はもちろんの事、作り物の象にも移っていった。置物やアクセサリーやバック、カードや童話や文房具。悪友も調子にのって某薬品会社のマスコット、耳鼻科のポスター、新聞・雑誌の象に関するあらゆる情報を集めてくれた。我が家の別館〈ぞう・はうす〉はすでに満員御礼である。今日では、西に羽を生やした象があると聞けば、カメラを手に西に走り、東に金色の象があると聞けば東に走る、という「ゾー」とした状態である。でも、これはまだ良いほうで、酷い状態の時は「ぞうにをたべる」の文にも「象、鳰食べる」を思い浮かべ、一瞬ドキッとする。(本当は「雑煮を食べる」であるのだが。)なにはともあれ、『象引』に引かれての象贔屓である。

今は昔、象のみつぎの物語

  日本に象が渡来したという記録は、室町時代(1408)にもあるが、一般庶民がその姿を拝み「ああ、これが噂に聞く象さまか」などと巷の話題になったのは、江戸時代のことであった。
 今を去ること260年前、時の将軍徳川吉宗の御代である。吉宗公といえば八代将軍で、享保の改革で有名であるが、その享保13年(1728)6月7日、交趾国(今の南ベトナム)広南生まれの牡雌二頭のアジア象が、唐の商人鄭大威によって献上された。潭藪、潭綿という二人の象使いが付き添ってきた。二頭のうち雌象は長旅の疲れが出たのだろうか、長崎に着いて三ケ月後に死んでしまった。当時の書物を見ると、「菓子の甘き物を多く食い、舌の上に物を生ず、象奴療治するに適はず」(『象志』)とある。残された七才の牡象だけが、十善寺の庭で、日本の風土に慣れるようと、9ケ月程飼育された。
 翌年3月13日、いよいよ京都御所経由、江戸城訪問の旅に出発。74日間に及ぶ大旅行の始まりである。
 小倉、下関間を船で渡り、4月16日大阪に到着。同月26日伏見から京都に入り浄華院の仮小屋に収容。牡象はすでによく人に馴れていて、頸筋に跨がる象遣いの鉄釣に操られなが、一日に三里ないし五里のペースで進んで行った。ゆらりゆらりと鼻を振り、街道の人々に愛嬌を振り撒いての、のんびりした顔見せ道中であったらしい。
 28日、宮中に参内するにあたって、一つの問題が起こった。 「爵位のない ものは宮中参入罷り成らぬ」というのである。「遠路はるばる連れてきたのですから」と言っても、「獣と言えども例外は許されぬ」との返事。とは言うものの、みんな内心象をしっかり見たいのである。苦肉の策として急遽、「広南従四位白象」と従四位の位が授けられた。(実際は、白象ではなく灰色象であったようだが。)こうして、めでたく中御門天皇、霊元法皇の天覧を得たのであった。列席の方々は一同感嘆の声をあげ褒めたたえ、多数の詩歌を詠まれた。

・時しあれば ひとの国なる けだものも 
 けふ九重にみるがうれしき(中御門天皇)
・めづらしく 都にきさの 唐やまと 
 すぎし野山は 幾千里なる(霊元法皇)
・情しる きさのこゝろよ から人に 
 あらぬやっこの 手にもなれきて(同)
・此国に きさも名くや さまことに
 みゆるものから 猛からずして(烏丸光栄)
・名にきゝし 遠きさかひの けだものを 
 うつし絵ならで みるもめづらし(冷泉為久)

 和歌のなかで「きさ」とあるのが、象の古名である。
 4月29日、京都出発。江戸を目指して東海道を下った。この頃になると、日本中、将軍さまの象ということで、この話題で持ちきりとなり大騒ぎとなった。御上も庶民も、大緊張のてんてこ舞い。 「橋は象の重さに耐えられるように補強しておけ。街道はきれいに掃除しておけ。飼料、飲料水は用意しておけ。寺の鐘は鳴らすな。犬猫は繋いでおけ。牛馬は立ち居らすな。見物人は騒ぐな。暖簾や簾は外しておけ」などなど、細々とした御触れが出た。最後の「暖簾や簾は外しておけ」というのは、風に揺れて驚かしてはいけないという細心の気遣いらしい。こうした幕府の細かい規制は、街道沿いの人々の労役や苦労となった。
 でも、誰でもやっぱり象さまは見たいのだ。どんな苦労をしたって自分の村を通ってほしい。この機会を逃したら、二度と見ることはないのだから。
 官民一体となった協力のすえ、なんとか5月25日江戸に到着。長崎を発ってから、なんと74日後のことであった。この間、この珍道中に同行した者は、日本側、広南側(象遣い、通訳)総勢17人であったという。が、間接的に携わった者は、何百人にも及んだことだろう。
 5月27日、いよいよ今回の渡来のメインイベント、将軍吉宗の観覧である。場所は江戸城車寄、布衣(四位の緒太夫の正服)以上のものも見物を許された。吉宗の前に引き出された広南従四位白象は、一同の熱い視線を感じる中、前足を折り、頭を垂れて恭しく御挨拶。「おお、これはすごいゾウ」とおっしゃったかどうかはわからないが、この所作にはほとほと関心なされたという。好奇心旺盛の吉宗公も大満足の一日であった。将軍のお気に入りとなった白象は、正式にペットとなり、引き続き、浜御殿の庭中で飼育され、庶民の見物も許された。
 江戸における第一次象ブームの到来である。象関係の書物や絵画がたくさん出され、町には俄か象博士が出現した。浄瑠璃や落語も作られた。象尽しの双六、象の置物、象模様の櫛や扇なども売り出された。しまいには、疱瘡に効くと赤い袋に入れた象の糞が売り出された。(勿論効果はなかっただろうが。)江戸は象景気で賑わった。
 もしもタイムスリップができるのなら、江戸の象ブームをこの目で見てみたいものだ。おそらくパンダブームと些かも違わないだろう。いや、それどころか史上初めての珍獣ということで、そのフィーバーぶりは近頃のパンダもコアラもエリマキトカゲもラッコも適わなかったはずだ。市井の出来事を逸早く取り入れる芝居の世界では、享保14年8月、大阪の竹本座で『眉間尺象貢』という浄瑠璃が興行された。
其形に山のことく、四足は丸木の柱に似て栗のことき爪生立チ、尾は一ト筋に、なへたる、耳は銀杏の葉にひとしく、牙に幸有る故にきさ共これをいふぞかし、目本トしほらしいとすゝき、鼻長ふして自在をなし、川を渉り険阻を行クも足どりゆたかに有ゆく
  実際に観察した風の詞章で、作者竹田出雲も、象を見物したのではないだろうか、などと想像してしまう。
  一方、歌舞伎界では役者評判記に象の鼻、足、牙などをもじった評が、享保15年刊『役者美男盡』に登場する。江戸随一の役者市川団十郎は「此人の藝と大象の鼻はいく度見てもあかぬ」と、松本幸四郎は「ずっしりと慥成こと大象の足のごとく」と、沢村宗十郎は「丸にいの字は大象の牙と見ゆる」と評される。
  象関係の書物は、『象志』『霊象貢珍記』『象のみつぎ』『馴象編』『詠象詩』などである。後世の随筆を調べつと、今まで間接的にしか知らなかった象に対する知識が一変した様子が伺える。たとえば次の文である。

象は柔和なるもの也、象のわたりて後世間にて繪に書たる象のかたちかはりたり、渡らぬさきの繪は皆こは敷たけきもののやうに書なしたる (『譚海』)
 象の絵は怖い顔から優しい顔に変わった。また、仏画や曼陀羅に描かれた普賢菩薩の乗り物六牙の白象の影響からであろうが、獅子や虎のように鋭く描かれた目や足は、これ以降変わる。江戸時代後期の随筆『塩尻』には、「象の足指なく爪中あるとかや、虎などの足のごとく画くは非なり」とある。
  しかし、すっかり霊獣、猛獣のイメージがなくなり、「かわいい」の形容詞が付けられるようになるのは、明治21年(1888)、上野動物園にインド象が来てからのことである。この後第二次世界大戦の影響で悲しい事件も起こったけれど、戦後は童謡「ぞうさんの歌」が子供達に歌われる平和な時代になったのである。

   昔も今も受難の象物語

  ここで、話を再び享保の象に戻すことにしよう。浜御殿の庭中で飼育されていた白象もすでに13年が過ぎ、7才だった仔象も大人となった。体も二倍に大きくなった。この13年間、将軍をはじめ、多くの人々を楽しませたの尊い従四位の象が、寛保1年(1742)なんと民間に払い下げられた。実は、幕府は経費節減のため、大食漢の象を見捨てたのである。確かに、象1頭の1日の食費は大変なかかりである。『江戸名所図会』によると、1日に新菜200斤、笹の葉百50斤、青草100斤、芭蕉2株、大唐米8升、湯水2斗、あんなし饅頭50などなど。しかし、象1頭の食費を節約したからといって財政立て直しができるとも思えない。悲しいけれど、将軍の象に対する興味がなくなったからであろう。
 中野村の百姓源助に払い下げられたこの象は、かわいそうなことに1年後に死んでしまう。普通、60才くらい生きると聞くので、決して寿命を全うしたとはいえない。一説には餌代をけちったためという。
  この後、幕府は薄情にも象の体の皮を召し上げ、百姓源助には頭と牙と鼻の皮だけを与えたと言う。「ああ、昔もこんな非道なことをしていたのか」と情なくなり、急に、今日の心無い人々のことが思い浮かぶ。
  今日、世界に現存している象は、インド象とアフリカ象の二種である。象は世界各地で子供たちに親しまれている。動物園でも人気者だし、絵本を見ても、よく象が登場している。一方、テレビのコマーシャルをみても、象がよく出ている。たとえば、学習塾の「勉強やるゾウ」とか、住宅の「たとえば、家の中で象を飼うとか」といったものである。鼻の長さや耳の大きさを生かした耳鼻科や防火のポスター、乗客の苦情を聞くJR西日本の「聞くゾウ」などもある。また、一つの世界的、国民的人気を物語るものとして、象をイメージマスコットとしている政党がある。アメリカの共和党と日本の自民党である。両者とも、象の優しさと賢さを踏まえてのことだろう。これだけ幅広い人気を得ている動物が他にあるだろうか。
  それなのに、今、象は激減の危機に瀕している。「なにをオーバーなことを」とおしゃる方も多いだろう。しかし、本当である。なぜ、そんな状況になってしまったのかというと、象は体中が商品になるからである。一番かわいそうなのは足一本をそのまま切り取った丸太のような椅子である。商品を前に怒りが込み上げて来る。次に、お尻近くに生えた毛で編んだブレスレット。これはアフリカでよく売っている土産だという。そして、当然皮で、胴も耳も鼻もみんな利用される。高級なハンドバックとして日本でも売られている。しかし、なんといっても象を窮地においやっているのは、象牙の需要である。牙はアフリカ象では雌、牡、アジア象では牡にはえる。ご存じのように象牙は印鑑や装身具に加工される。この場合、アジア象よりもアフリカ象のほうが良質というが、共に密猟者に狙われ、その方法も手段を選ばぬ非道なものである。
  素人動物学者の筆者には詳しいことは解らないが、象の牙は途中で空洞になっているので、途中で切断されると、細菌がそこから脳まで入り込む。牙を切られた多くの象はまもなく死んでしまうと言う。
  これらの事件は確かに日本の領土外で起きていて、一見関係ないように思われる。しかし、日本は象牙の輸入世界第三位の大国である。日本にこれだけの需要があれば、関係ないとも言えないだろう。
  実は、私も象牙のブレスレットを持っていた。だが、もう身に付けようとは思わない。享保の象もかわいそうな最後だった。戦争中の象もかわいそうだった。もう、これ以上象の虐待はやめにしよう。日本での需要が減れば、密猟の数も減る。陸上最大の動物「象」を次の世紀にも残してあげよう。